ガーランドで壁や窓を可愛く装飾♪

まず、「ガーランドって何」って方に、簡単に説明しますね。ガーランドとは、花冠や花輪という意味がありましたが、そこから花や木の実を繋げて網状にしたインテリア(ドアや窓辺、壁を装飾するもの)のことをガーランドと呼んでいます。
結婚式や誕生日会などで、壁に飾っているのを見かけますよね。最近はお花だけでなく、布や紙などを使って制作するものも総称としてガーランドというらしいです。

それでは、さっそく作品についてです。今回はサイズが大きめのガーランド。机に飾ったり、壁に飾ったりすることが出来ます。軽いので壁から落ちても床を傷つけにくいので、安心して飾ることができます。

材料は、大きめの白いお花をメインにして、グレーやグリーンなどのアジサイ、白い実、洋ナシなどがついたパールピック、グリーンを使って制作しました。ワイヤーの作品なので、多少であれば形を変えることができます。

お花の場合、一般的にはリースを壁に飾るイメージが多いですが、このガーランドもリース同様に、壁に可愛く飾ることが出来ます。リースと違って、縦に長いくシャープに恰好よくアレンジすることが出来るのもガーランドの良いところ。

卓上や窓のサン、カーテンの上など横に飾るのが基本♪

今回は、爽やか系のお花の色で制作しているので、春から夏にかけて、お部屋に飾るのがおすすめですよ♪

おすすめの記事