シックな赤いバラのコサージュ♪新郎のブートニアにも最適

プリザーブドフラワーの薔薇で赤いコサージュを制作

今回は、赤色のローズプリザーブドフラワーを使ってかっこいいコサージュの作り方を紹介します。

シックな赤色のコサージュは男女問わず使えるコサージュ。男性へのプレゼントにも使えるアイテムです。

結婚式で新郎がブートニアとしても使うことも出来るのでおすすめ。

コサージュは安全ピンや針で付けるイメージがあり、衣服を傷めるので避ける方もいますが、このコサージュは、マグネットで取り付けられるようにしている為、洋服も傷まず、レンタル衣装でも安心して使えるコサージュです。

コサージュの材料と道具

  • はさみ
  • ワイヤー
  • 強力コサージュマグネット
  • フラワーテープ
  • ローズのプリザーブドフラワー(赤色)2輪
  • プリザーブドフラワーのリーフ(赤色)3枚
  • アートフラワーのベリー(小さい実がついているもの)
  • ワイヤー入りの赤いリボン

コサージュの簡単な作り方

まず、材料をそれぞれワイヤーでピック状にします。それらをひとつひとつフローラルテープで巻いていきます。

フローラルテープが、全部巻けたら形を整えながらミニブーケ状にしていきます。このときに、洋服につけることを考えて、葉っぱは後ろに2枚、前に1枚にしておくのがいいでしょう。

後ろの2枚の葉っぱを土台として使い、前にアレンジしていくイメージで作っていきます。フローラルテープが巻き付けている為、滑り止め効果があり、すごくまとめやすいです。ひとまとめにしたら、最後に長さを整えて、不要な部分をカットします。

カットの際、シュッとしたシャープさを出したかったら、茎は長めに作ったほうがいいので長めに切ります。可愛い感じにしたければ短めにしましょう。今回は、かっこいい感じにするので長めにカットしています。

長さを整えたら、フローラルテープで巻いてまとめます。この時に、マグネットも一緒に巻き付けておきましょう。もしマグネットが取れそうな場合は、グルーを使ってしっかり留めてもOKです。

次に、両端にワイヤーが入ったリボンで、強めに巻き付けていきます。(ワイヤーが入ったリボンの方が 使いやすいですが、普通のリボンを使っても構いません。)

最後はリボンを結んで、上から別で作ったリボンをワイヤーで取り付けたらコサージュの完成です。(写真がなくて、ごめんなさい。)

コサージュを作る際のポイント

2輪のバラは大きさが違うように見えますが、実は同じ大きさのものを使っています。これは、メリアという手法で、一度バラの花びらを一枚一枚丁寧にとり、真ん中のみを残して再度グルーで広げながら接着して花の形を作ります。

こうすることで、同じ大きさ2輪よりもメリハリがつき、なおかつ、豪華にみえるので、是非メリア手法を覚えておいてください。
シックな赤いバラのコサージュ♪新郎のブートニアにも最適

  • 祝電・弔電をプリザーブドフラワーで贈るお気に入りのサービス
    祝電・弔電をプリザーブドフラワーで贈る おすすめのサービス
  • プリザーブドフラワーのアレンジメントに必要な道具
    プリザーブドフラワーのアレンジメントに必要な道具
  • 仏壇のお供えにはプリザーブドフラワーでアレンジした供花がおすすめ
    供花の新定番!プリザーブドフラワーの供花を飾るメリット
  • フレームアレンジ
    プリザーブドフラワー、オーダーメイドのアレンジ作品
  • 男性でも部屋に飾れる、扱やすいプリザーブドフラワーの紹介
    男性でも部屋に飾れる、扱やすいプリザーブドフラワーの紹介
  • プリザーブドフラワーのリメイク(アレンジのビフォーアフター)
    プリザーブドフラワーのリメイク(アレンジのビフォーアフター)
おすすめの記事
フローラルテープ
フローラルテープ
フラワーアレンジメントの世界で必需品とされているフローラルテープ(フローラテープ) 実際に使ったことがある人はわかると思いますが、3つの大き...