雑貨屋で買ったアイアンフックの使い道

雑貨屋さんでよく見るアイアンフック。可愛いのでついつい買ってしまいますよね。
使い道も考えず購入して、引き出しに眠ったままの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな使い道に困ったアイアンフックを使ったプリザーブドフラワーのアレンジを紹介♪

アイアンフックを使ったアレンジといっても、制作したお花の小物をフックに掛けて飾るだけなので、簡単ですよ。
アイアンフックの色々なデザインや形にあわせた小物を制作して飾るだけというシンプルなアレンジということで、飾っている全体をイメージをしながら作ることを心掛けましょう。

紹介している作品で使ったアイアンフックはもの凄くシンプルなものです。ちょっと見た目が寂しいと感じられる方は、あらかじめデザインされたアイアンフックを使用すると、雰囲気も変わって同じものを掛けても、違うイメージになりますね。

アイアンフックに飾っているものはすべて手作り

まず、最初の写真の作品は、キッチン用をイメージして制作したものです。「K」の形をワイヤーで作り、シサルを巻いて固定したものを土台としてソーラーローズ、木の実、ピンポンフラワー、アジサイなどを取りつけました。

何故「K」か?という点ですが、特に深い意味はなく、単純にキッチンに飾ってもらえたら可愛いなとイメージして制作したのでか頭文字の「K」になりました。他アルファベットの形でも、同じように制作できるので、好きなアルファベットで制作してくださいね。

[プリザーブドフラワー]アイアンフックのナチュラルアレンジ2

[プリザーブドフラワー]アイアンフックのナチュラルアレンジ

次の作品は、ワイヤーでミニ計量スプーン風なものを作り、シサルで固めてそこにサンウィーバイン、ピンポンフラワー、ボワフラワーなどの木の実で敷き詰めた作品とリンフラワー、木葉ユーカリ、カスミソウなどで制作したミニブーケになります。

写真をよくみると、革ひもを通したクリップをつけている部分もあります。こういった感じで手持ちのクリップをつけて絵葉書や写真など飾るのも楽しみ方のひとつです。

全体的にナチュラルになるようにイメージして制作したので、ナチュラル系が好きな人におすすめのアレンジ。
お花や木の実はすべてプリザーブドフラワーなどで作っているので、あまり商品としてはみかけないかもしれません。

なお、ワイヤーを使って土台からすべて制作していますので、意外と制作時間が掛かってしまいます。もしチャレンジする場合は、少し時間に余裕がある時にチャレンジすることをおすすめしますよ。

おすすめの記事