花うさぎスタイル

プリザーブドフラワーの素敵なフラワーアレンジメントでお花がある華やかな暮らしを楽しむ

minneで販売しています

手作りメイソンジャーフラワーの簡単な作り方

      2016/12/17

メイソンジャーフラワーの作り方

大ブームのメイソンジャーで、おしゃれで可愛いメイソンジャーフラワー作り

サラダを入れることで一躍ブームになったメイソンジャー。サラダ以外にも色々なものを入れて使用するのが流行っていますね。
モチロン、お花の世界でも、メイソンジャーが最近よく使われています。

今回は、プレゼントとしてのオーダーがあり制作した商品をみながら、実際の作り方を紹介していきます。

 

メイソンジャーフラワーの材料

メイソンジャーフラワーの材料

全ての材料は写っていません。

  • メイソンジャー(綺麗なお花の色がわかりやすいように、透明のものがおすすめ)
  • カスミソウ(黄色)のプリザーブドフラワー
  • アジサイ(ホワイト)のプリザーブドフラワー
  • アジサイのアートフラワー
  • 赤い実のアートフラワー
  • イエローのソーラーローズ
  • レッドラメのミニツガ
  • シサル麻
  • オレンジ
  • 木製の赤色の花
  • ゴールドの皮
  • レース
  • アヴリルの紐
  • マグネット

今回は、大きめのメイソンジャーを使っているので、材料も豊富です。オーダー時に「オレンジなどの温かみのある色」と希望がありましたので、赤色、イエロー系の花材を使っています。

 

メイソンジャーフラワーの作り方

それでは、実際にメイソンジャーフラワーの作り方をみていきましょう。複雑な作業はありませんが、瓶の入口があまり大きくないので、片手で調整していくところに苦労しました。

1. 完成のイメージをメモ書きしておきます

花材や材料を下から順番に積み重ねていくので、やり直すのがなかなか難しいです。実際に作業する前に、出来るだけ完成のイメージをかためておきましょう。順番をメモしておくと、結構スムーズに進めていけるので、おすすめですよ。

 

2. イメージした順序で材料を詰める

イメージした順序で材料を詰める
実際にイメージした順序でお花や材料を詰めていきます。今回の場合は、シサル麻を敷いて、オレンジを一番下に置きます。次に紫陽花(ホワイト)のプリザーブドフラワー、木製の赤色の花の順に詰めていきます。

イメージした順序で材料を詰める2
その後に、レッドラメのミニツガを敷き、半分にしたオレンジ、イエローのソーラーローズ、カスミ草(黄色)のプリザーブドフラワーを詰めて、最後にオレンジのカラマツを詰めて、蓋をすれば完了です。

メイソンジャーフラワー工程2

 

3. 瓶の外側も可愛くアレンジ

瓶の外側も可愛くアレンジ

メイソンジャーの中にお花を詰めるだけでも十分に可愛いのですが、少しアレンジして、ゴールドの皮とレースをチャームとしてアヴリルの紐でくくりつけています。

 

4. 蓋も可愛くアレンジ

蓋も可愛くアレンジ

蓋の部分が少し寂しい感じがしたので、マグネットを使ってアレンジしました。こちらも、先程使ったゴールド皮にマグネットとレースを挟んでグルーで接着していきます。その上に、アートフラワーのアジサイとアートフラワーの赤い実をグルーでつけます。マグネットを使って蓋に取りつけているので、上にも横にも動かして使うことが出来ますね。

蓋も可愛くアレンジ完成

 

5. ラッピング

最後に綺麗にラッピングをすれば、完成です。

ラッピングをしてメイソンジャーフラワーの完成

 

イメージ通りに詰めていくのが、すごく楽しいメイソンジャーフラワー作り

詰める作業が難しいところもありましたが、自分の好きなように簡単に作ることができるメイソンジャーフラワーアレンジはこれからもっと人気が出てきそうな予感♪簡単にチャレンジできるので、是非制作してみることをおすすめします。

作ったメイソンジャーフラワーは、食卓、食器棚、リビングなど、どこに置いてもOK!
お洒落で可愛いメイソンジャーは、お部屋のアクセントにもなります。

インテリアとしてだけではなく、今回のようにプレゼント・ギフトとしても使えますよ。

自分の好みで、自由に作ることが出来るメイソンジャーフラワー、今後も注目です♪

記事をシェアする・あとで読みたい時にも便利♪

 - プリザーブドフラワー