">ハロウィンのフラワーアレンジメント」で使ったプレートにブリキのバケツがついた花器を使って、クリスマスアレンジしたものです。

簡単に出来るハロウィンのフラワーアレンジメントを紹介

かぼちゃを使ったミニフラワーアレンジメント アレンジに使った花材は、イエローローズ、グリーンのアジサイ(紫陽花)のプリザーブドフラワーと、グリーンのポトスのアーティシャルフラワー(アートフラワー)です

ハロウィンアレンジをした時は、グリーン色がメインのアレンジをしましたが、今回はクリスマスのフラワーアレンジメントいうことで、クリスマスカラーの赤色をメインにしたアレンジをしました。花器に飾る花が変わるだけで、ガラッと印象が変わりましたね。

フラワーアレンジメントの作り方ですが、まず、オアシスを敷き詰め、その上には白いシサル麻を敷きます。見えても違和感のないように、シサル麻は白色のものを使っています。

プリザーブドフラワーの赤色のローズをメインにして、その他のプリザーブドフラワーは、深い色合いのグリーンのローズを使っています。赤色と緑色を組み合わせるだけで、クリスマスの雰囲気が出ますね。

ホワイトのローズとライトグリーンのローズは、アートフラワーです。パレットローズを使用しています。一緒にアレンジするとよく見ないと本物と区別がつきにくいですね。最近は、アーティシャルフラワーも本物に近い形で再現されていて質もよくなりました。

あと、ライトベージュのアジサイもアートフラワーです。こちらは少しアンティークなアジサイを選びました。ホワイトを使うよりも、ちょっとアンティークな色合いのものを使うと、全体的に深みがある作品に仕上がります。

今回の場合、使っている花器もアンティークな感じのものなので、アジサイともよくあっています。

そして赤色のローズ1輪では赤色が物足りないなかったので、アートフラワーの赤いベリーとイチゴなどを使ってさらに赤を強調するアレンジにしました。赤色のローズの数を増やすアレンジも豪華さがあり、良いと思います。

同じ花でまとめるよりも、違う材料で赤色をいれると、今回の場合であれば、光沢のある赤いベリーを使っているので、艶感が華やかさをあげています。イチゴもはっきりとしたものではないので、邪魔にはなっていません。

最後に、パールをふんだん散らしてに使い、ちょっと黒いビーズで落ち着かせて完成です。

今回は、メイン色として赤色にしたと冒頭に書いていますが、メイン色だからといって赤色だけで構成するのではなく、白色も多めに使うことで、より赤色を際立たせています。そして、グリーンを挿し色として使い、クリスマス感が出るようにしました。

次の写真は、クリスマスの王道・定番とあわれているお花、ポインセチアを使ったミニアレンジです。

赤色のアートフラワーのポインセチアをメインにして、グリーンにはヒイラギを使用。このヒイラギもアートフラワーです。作品は小さいですが、しっかりとクリスマスのイメージ出来るものになりました。

アンティークなブリキ缶がオールドクリスマスを思い浮かべます。作品の横に、ろうそくやライトなどのふわっとした照明を一緒に置くとより一層いい雰囲気になります。

クリスマスは赤と緑の薔薇を使った可愛いアレンジ

【クリスマスのフラワーアレンジメントの作品はこちら】